鉄道から生まれた、
面状補強材と剛壁面の補強土壁工法

 RRR(Reinforced Railroad/road with Rigid facing= 剛性面補強土)とは、擁壁自身の躯体重量や基礎の地盤反力で土に対抗する従来形式の擁壁の代替えとして開発された工法で、ジオグリッドなど面状補強材( ジオテキスタイル) と一体的な剛性壁面との併用により盛土を鉛直もしくは急勾配に構築することができます。

本工法は、(公財)鉄道総合技術研究所で開発されました。

工法の属性

【機能】補強土・敷網

【用途】道路/鉄道

工法の特長

土地の有効利用

盛土面の垂直化が可能なため、土地の有効利用が可能です。

優れた施工性、経済性

短い敷設長さで充分な安定が図れます。
壁面剛性があるため、付帯構造物を壁面に直接設置できます。

高い信頼性、優れた安全性

RRR®工法マニュアルに基づいた設計です。盛土拘束力が高く、完成後の変形も僅かです。

幅広い盛り土材の適用

比較的広い範囲の盛土材が適用可能です。

特別な基礎は不要

地盤変形に追従し、基礎処理が簡便です。
また支持地盤の変形や不同沈下などにもある程度の追従性があり、耐震性にも優れます。

環境へのやさしさ

作業に大型重機を必要とせず地球に優しい工事が可能です。

※写真はRRRーB工法のPRビデオによる

施工状況

壁面完成状況

ページトップ