EDO-EPS工法

土砂の1/100 の重量の超軽量盛土材

EDO-EPS工法は発泡スチロールを使用した画期的な超軽量盛土工法で、これまでの盛土・擁壁工法のイメージを一新し、スピーディーな工事を実現させました。軽量性のメリットを活かし、埋立地や河川沿いなどの軟弱地盤や過大な荷重を避けたい崖地などでの盛土・道路拡幅など様々な現場で利用されています。

工法の属性

【機能】軽量盛土

【用途】道路/鉄道/河川/港湾・海岸/砂防/ダム/山岳

工法の特長

安定した構造

ブロックの自立性を利用して垂直擁壁を構築。軟弱地盤や地すべり地帯での盛土でも地山の安全率を落とすことなく盛土が行えます。

簡便な施工

発泡スチロールブロックは重量が土砂・コンクリートの約1/100程度なため人力によるスピーディな施工が可能です。( 単位体積重量0.2 〜 0.4kN/m3)

優れた緩衝性

衝撃、振動を減少させる効果があります。

荷重軽減工法としての適用

橋台裏込め

構造物の埋め戻し

軟弱地盤の盛土

土圧軽減工法としての適用

急傾斜盛土

両壁面

その他の用途

・ボックスカルバート、アーチカルバート保護
・港湾護岸背面(側方流動対策)
・落石緩衝工法(ロックシェッド等)

実績例

ページトップ