お国自慢

岡三リビックの全国支店・営業所の社員たちが持ち回りで執筆しているコラムです。
地元のおすすめ、地域にまつわる豆知識など、面白くて役に立つネタが満載です。
※お国自慢は毎月発行の岡三マンスリーに掲載されています。
岡三マンスリーはこちら

2018年度

石あかりロード

四国支店 宇野直子 2018.4

 四国八十八ヶ所霊場第八十五番札所八栗寺の麓、香川県高松市牟礼町には毎年8月初旬から9月半ばまで「むれ源平石あかりロード」という石と灯りをコンセプトとした催し物があります。
この牟礼町は、御影石のダイヤモンドと言われる世界一高価な花崗岩「庵治石」の産地として有名です。そんな石の町牟礼町には源平屋島合戦(1185年)の史跡が数多く残されており、大河ドラマ「義経」を機に脚光を浴びました。イベントは当初、このドラマの屋島合戦シーンの放送日に合わせ、史跡をライトアップしようという試みから始まったそうです。

 史跡間の道に石あかり(石でできた照明)を設置し、ライトアップをするとともに、土曜日には「石あかり月あかりライブ」の開催やボランティアの方たちによる照明の説明などがあります。この取り組みは国土交通省の「日本風景街道」にも登録されています。
私の一番好きな時間帯は夕方で、石職人の方が作った石あかりに灯るほんのり明るい光が、夕日に照らされてなんとも幻想的な光景を見せてくれます。

 静かに灯りをたどるなら平日の夜。ライブや石グッズばかりの軽トラ市を楽しむなら週末。みなさんも、ことでん八栗駅から約一kmの石あかりの道をゆっくり散策してみてはいかがでしょうか。

お国自慢バックナンバー

      
ページトップ