to Tn-p工法(ノンフロン) | 岡三リビック株式会社

Tn-p工法(ノンフロン)

現場発泡ウレタンの新工法が
トンネルの安全を支える

古いトンネル( 矢板工法) の覆工コンクリート背面には空洞が生じていることがあり、崩壊の原因になりかねません。その空洞を発泡ウレタンで充填補修し、災害を防除するための新しい工法がアキレス「Tn-p 工法(ノンフロン)」です。
※NETIS登録済 KT-070035-VR

工法の属性

【機能】維持・補修

【用途】道路/維持・管理

工法の特長

注入設備がコンパクト

設備と材料を1 台のトラックに全て積載可能です。

急速固化でリーク減少

硬化時間が10 分程度と非常に速く、材料流出の危険性は僅かです。

施工時の安全性向上

施工車両と施工人員が少なく、片側通行での施工時の安全性向上が見込めます。

超軽量で覆工負荷低減

エアモルタルの約1/40 ~ 1/10 と超軽量のため、覆工への負荷を軽減できます。

環境対応型ノンフロン

発泡剤にフロン類を一切利用しないノンフロン発泡で、 地球環境に配慮。

施工状況イメージ

施工手順

ページトップ