SWライナー工法

製管方式の下水道管更生工法

SWライナー工法とは、マンホール部より既設の下水道管きょ内へ帯状の塩化ビニル製部材(ストリップ)をスパイラル状にかん合しながら送り込み、その内側に新しい管を形成することで掘削せず管きょを更生する工法です。円形断面の埋設管、管径800~1500mmに対応しています。
※NETIS登録済 KT-150034-A

工法の属性

【機能】維持・補修

【用途】維持・管理

工法の特長

供用下でも施工が可能

供用中の流れを止めることなく施工できるため、事前調査等により既設管の改修が必要となれば、地域生活に影響を及ぼすことなく速やかに修繕工事を進めることができます。

継手のない連続構造

ストリップは吟味されたかん合形状によって端部同士がしっかりと組み合う構造です。このかん合部に接着剤を注入しながらスパイラル状に製管するため、水密性の高い一体的な更生管が生成されます。

優れた耐震性能

抜出しや屈曲に対し、かん合等の外れがなく、水密性が保持されるなどストリップの耐震性試験を実施しクリアしています。

二次製品による迅速施工

充填時に支保工の設置を必要とせず、工場製品を専用器具で管きょ内に送り込むだけの簡単な工法であるため、迅速かつ容易に、安定的な品質の管更生工事を進めることができます。

コンパクトな施工器具

ガイドローラーなど施工器具はマンホール内での作業に適したコンパクトな設計で、地上の作業用車両も特殊なものは不要です。

公益社団法人日本下水道新技術機構
 建設技術審査証明第1602号

    

ストリップかん合部

コンパクトな施工器具

ページトップ