多数アンカー式補強土壁工法

アンカープレートによる独自の補強土壁
盛土材の適用範囲が広い
(現場発生土の有効利用が可)

 わが国で考案された多数アンカー式補強土壁工法は、道路盛土をはじめ、水辺、橋台取付、多段階、公園といった盛土に関する様々な要望に応えています。

多数アンカーは構造的に沈下・変形への追随性を有しており、その「柔」な構造は特に耐震性に優れていることが、地震被害調査で示されています。

当社では多数アンカー式補強土壁協会を通じ、豊富な経験と高い技術力を背景に、積極的な工法提案を展開、またコストの削減や、環境への配慮といった社会的ニーズに対しても継続的に取り組んでいます。

工法の属性

【機能】補強土

【用途】道路/鉄道/河川/砂防/ダム/山岳

■補強原理

壁面に作用する土圧とアンカープレートの引抜抵抗力とが釣り合うことで疑似二重壁を構築し、内部の土を拘束・補強することで安定した補強土壁を構築します。

工法の特長

発生土の利用

アンカープレートは礫質土から砂質土、一部の細粒土まで幅広く引抜抵抗力を発揮し、現場発生土を有効利用できます。

安全性

ブロックを先行して組立てる工程となっており、ターンバックルによる壁面調整も簡単に行えることから、以降の作業は全て壁の内側で安全に行われます。

ロックアンカー

背後が安定地山の場合は、ロックアンカー工の併用により、掘削量を大幅に低減できるため、合理的かつ経済的な設計・施工を実現します。

公的機関の認証

平成16年9月
建設発生土利用技術マニュアル第3版(独)土木研究所著 掲載
平成19年1月
NETIS(新技術情報提供システム)評価情報登録
平成24年7月
道路土工 擁壁工指針(社)日本道路協会
平成26年8月
多数アンカー式補強土壁工法 設計・施工マニュアル第4版発刊(一財)土木研究センター

適用事例

片面壁

片面壁

両面壁

両面壁

ロックアンカー併用

ロックアンカー併用

水辺

水辺

実績例

ページトップ