インフォメーション

2018年度

2018.09.11NEWS

平成30年度土木学会全国大会に参加

土木学会主催の平成30年度全国大会第73回年次学術講演会が北海道大学札幌キャンパスにて、去る8月29日~31日の日程で開催されました。
本大会は全国の研究機関や企業がその研究成果を発表し、聴講者との意見交換を行うことで、今後の土木工学・土木事業の発展に寄与することを目的としています。当社も例年同大会に参加しており、本年も複数の研究成果の発表を行いました。

当社の研究発表は以下の通り(社外との共同研究含む)
・両面アンカー式補強土壁の地震時変形メカニズムに関する動的遠心模型実験
・傾斜模型実験による片面及び両面アンカー補強土壁の破壊形態及び挙動の比較検証
・沿岸部に位置する多数アンカー式補強土壁の壁面材の塩化物イオン濃度調査
・アンカー式補強土壁の地震時変形メカニズムに関する動的遠心模型実験
・布製型枠を用いたジオテキスタイル強化防潮堤の実大模型における布製型枠とトリグリッドの一体性確認試験
・トンネルズリを盛土材とする補強土のトリグリッド耐損傷試験

当社では土木事業の更なる発展の為、今後も同学会への参加とより広い知見への努力を重ねてまいります。

ワークスペース
若手社員の発表風景

 
ページトップ