岡三マンスリー

「岡三マンスリー」は岡三リビックが毎月お届けする、トピック満載の広報誌です。
2000年10月から発行しております。

2014年以前のバックナンバーはお問い合わせください。

2018年 4月号

『 大径ダイプラハウエル管で雨水対策 』- ダイプラハウエル管 -

 沖縄県は東京や大阪などの大都市圏以外で人口増加がみられる数少ない県で、那覇市を中心とする都市圏も年を追うごとに広がりを見せています。
 そうした中、問題となっているのが域内の輸送手段の多くを道路に依存し成人1人1台相当の自動車が登録されていること。朝の那覇市街方面への渋滞は大都市圏並に激しく、ノロノロ運転が常態化しています。
 これを解消するべく県では様々な取組みを進めていますが、その核となるのが那覇市街を起点に複数の環状・放射状の幹線道路網で接続し特定の道路への集中を緩和すること。
 そうした道路のひとつが、南部東岸の南城市から那覇空港自動車道までを結ぶ地域高規格道路「南部東道路」です。那覇市まで15km圏にありながら起伏の多い地形等の制約で在来国道が大きく迂回し交通に不便のあった地域を貫通することで、通勤時間の短縮はもちろん、広域な高度医療サービスの享受や空港と観光地との往来といった様々な場面でそのメリットが発揮されることが期待されています。

 しかし台風など集中豪雨の多い沖縄では、普段は枯れた谷地に大量に雨水が流れ込むなど水の処理には留意しなければなりません。そこで、同道の盛土が谷地を横切る個所では大径の「ダイプラハウエル管」を道路下に埋設し、雨水への対策としています。
 独自の中空リブ構造により高い剛性と軽量化を実現したダイプラハウエル管は高盛土や自動車荷重にも耐える基本性能を持ち、こうした横断管に最適。当現場では直径2mと同製品の県内実績としても最大のサイズが採用されました。
 同道は南城市近辺の土砂災害時の確保ルートとしての役割も含め、早期の完成が期待されています。

【物件概要】
発注者:沖縄県美並郡土木事務所
施工者:株式会社善太郎組
工事名:H28南部東道路改良工事(4工区-3)
施工規模:ダイプラハウエル管 Φ2.0m × 延長30.2m

【岡三マンスリー 4月号 PDF版】
PDFでご覧になりたい方は、下記よりダウンロードしてください。

『超薄膜スケルトンはく落防災コーティング工法 』

コンクリート表面が透けて見える革新的なはく落防災コーティング工法

 従来の色付き表面被覆工法と異なり施工後でもコンクリート表面の状態を目視で観察できるとともに、コンクリートにとって有害な過剰水分を水蒸気として外部に放出します。
 また、プライマーが不要なため従来工法と比較して施工期間を短縮することができます。

【岡三マンスリー 4月号 PDF版】
PDFでご覧になりたい方は、下記よりダウンロードしてください。

2018年度 岡三マンスリーバックナンバー

  • 2018-07号『阪和間交流を支える』- 多数アンカー式補強土壁工 -
  • 2018-06号『バイパス道をスマートに構築 』- 多数アンカー式補強土壁工 -
  • 2018-05号『下水管を止めず迅速更生 』- SWライナー工法 -
  • 2018-04号『大径ダイプラハウエル管で雨水対策 』- ダイプラハウエル管 -
 
ページトップ