岡三マンスリー

「岡三マンスリー」は岡三リビックが毎月お届けする、トピック満載の広報誌です。
2000年10月から発行しております。

2015年以前のバックナンバーはお問い合わせください。

2019年 10月号

『国道2号拡幅盛土を補強土壁で支持-山口県防府市~周南市- 』- 多数アンカー式補強土壁工法 -

 国土交通省中国地方整備局では、国道2号の改良を地域ごと、各自治体との連携もしつつ進めています。
 ここ山口県の周南市から防府市に至る延長3.6Km富海地区についても4車線化の工事を推進中。拡幅によって同区間の交通混雑の緩和を図るとともに、交通事故の削減、地域経済の活性化、災害に強い道路ネットワークの構築を目指しています。

 防府市沿海部の工場集積地域ではちょうど20ha規模の新たな工業団地の開発も進んでおり、今後は事業所の進出や雇用の創出などで従来にも増して国道及びその周辺の道路環境がひっ迫するものと想定され、富海地区の4車線化により効率の高い交通ネットワークの構築が期待されます。
 この工事において、現道の線形を変更すると並行する川筋が埋まってしまう形となる場所について、多数アンカー式補強土壁工法の導入によってこれを回避する設計が採り入れられています。

 近年頻発する大型地震での被災地周辺実績の検分においても極めて安全で安定していることが実証されいる同工法は、類似工法と比較してより広範な土質に対応可能で現地発生のズリ等でも構築できるなど施工の経済性にも優れている点が高く評価されています。

【物件概要】
施 主:山口河川国道事務所
現場名:富海拡幅戸田山地区改良工事
施 工:シマダ株式会社
商品名:多数アンカー式補強土壁工法
数 量:1,760m2

【岡三マンスリー 10月号 PDF版】
PDFでご覧になりたい方は、下記よりダウンロードしてください。

『 ロッキーステージ白骨温泉実績「全健賞」受賞/「優良工事における下請業者」表彰 』- 「ロッキーステージ」 -

 当紙2018年9月号に掲載した人工岩景観工法「ロッキーステージ」及び「斜面いろどり工法」の実績である長野県松本市の白骨温泉「白骨隧通(ついとお)し」が、(一社)全日本建設技術協会の「全建賞」に選定されました。
 全建賞は、我が国の良質な社会資本整備の推進と建設技術の発展を促進するために設けられた賞で、白骨隧通しは平成30年度の河川部門の受賞現場のひとつとなっています。

 本現場は国立公園内にあり、周辺に特別天然記念物もあることから、景観対策の方策について地元と懇談会等を重ねて進めた点や現地景観との一体性を高めた造形工事、崩落の危険もある崖の工事での安全の配慮などが評価されたということです。

 また工事を主管した国土交通省北陸地方整備局松本砂防事務所からは、「平成30年度優良工事」のひとつとして白骨隧通しを施工したサワンド建設(株)が表彰されたほか、当社の人工岩の業務に対しても「優良工事における下請負者」として表彰。施工にあたって、かつての現地の写真や3次元地形図から岩の形状、地質、色をフィードバックし工事以前の隧通しのイメージの再現に努めた点が高く評価されました。
 去る7月26日には松本砂防事務所にてこの表彰式が行われ当社も参列、栄誉に授かりました。

 ロッキーステージを施工した現場で何度も全建賞を受賞している岡三リビック。これからも、質を追求した工事で皆様の期待にお応えします。

【岡三マンスリー 10月号 PDF版】
PDFでご覧になりたい方は、下記よりダウンロードしてください。



2019年度 岡三マンスリーバックナンバー

  • 2019-10号『国道2号拡幅盛土を補強土壁で支持山口県』
  • 2019-09号『駐車場を利用して豪雨災害対策』
  • 2019-08号『研修施設に遊び心を注入』
  • 2019-07号『新工業団地の調整池遮水に適用』
  • 2019-06号『南予の国道幹線を迅速改修』
  • 2019-05号『ゾウに快適な場づくりを支援』
  • 2019-04号『北海道胆振東部地震 震源至近のトリグリッド 被災なし』
ページトップ