Pick Up

Pick Up

2018年度

フォトリックアート

フォトリックアート

フォトリックアート」は遊び心にあふれた疑似立体イラスト装飾。観光促進のためのフォトスポットをアイデアで創出します。 ちょっとした待合い空間や殺風景になりがちな連絡通路なども愉快に変身。平面イラストとしての自由度の高さから、看板としてはもちろん既存の壁などへの化粧もリーズナブルに実現できます。 

先進的発想の研修施設に遊び心を注入
きれいな海、そして自由に飛び回る海鳥たち。
宮崎駿のアニメに飛び込んだかのようなこの風景は、一体どこでしょう?
ここは岡三リビック本社にも近い品川駅港南口からすぐにある施設「CO☆PIT(コピット)」。株式会社富士通ラーディングメディアが展開する研修施設として「個を強くすることで組織を成長させる」ことをテーマに運営されており、今年8月にリニューアルオープン。「これが研修施設!?」と思わせる斬新な空間の作りとなっています。

施設全景

駄菓子が山盛りのカウンター

なかでも今回ご相談を頂いた、施設入口から入ってすぐの一角は「訪れた方の朝の眠気が吹き飛ぶような斬新なデザインを」という要望に当社が応えたものです。

柱に片足立ち!

高台から海辺の美しい街並みを見下ろすような建造物の、せり出した梁や何かを支えてたであろう柱。一体地上何メートルなのか、かなり危険な場所に見えます。

ああっ!そんなところに立ったら危ないですって!!
でも、何だか楽しそう!

これはある一点から見ると立体的に見える「だまし絵」の技術を用いた「フォトリックアート」。それぞれ写真撮影を楽しんで頂くも良し、斬新なアイデアのヒントにして頂くも良し、頭を柔らかくするにはうってつけのコーナーとなっています。

床を横から見ると…

取材協力:CO☆PIT
施設設計:株式会社オカムラ

その他のサンプル・実績例はこちら

■フォトリックアート
【機能】景観デザイン/景観対策
【用途】公園/建設現場の仮囲い/イメージアップ看板

2018年度 バックナンバー

 
ページトップ