Pick Up

Pick Up

2018年度

SWライナー工法

フォトリックアート

SWライナー工法」は既設の下水道管のマンホール部より帯状の部材(ストリップ)を送り込み管内でスパイラル状にかん合させて新しい管を形成する工法です。

茨城県龍ヶ崎市では、下水道施設の更新を積極的に進めるなか、使用を継続しながら修繕でき地域生活に影響を及ぼすことのない更新工法・SWライナー工法を採用。既存管の入替えに伴う路面の掘削作業が発生せず、また使用機材も小規模であるため、工事を迅速かつコンパクトに進めることができます。

SWライナー工法ページはこちら

■SWライナー工法
【機能】維持・補修
【用途】維持・管理

2018年度 バックナンバー

 
ページトップ