地山・切土斜面補強:ミニアンカー

  • 商品概要
  • 施工手順
近年、都市部への人口回帰など土地の有効利用に対するニーズが高まるに従って、安定的な切土法面を実現する鉄筋挿入タイプの補強土工法が多く用いられるようになってきています。 ミニアンカー工法は、この鉄筋に代えて、地山挿入後に先端部が拡大する構造を持つミニアンカーを用いる、土砂(N値≦30)斜面を安定させる工法です。

商品の属性

【機能】
地山・切土斜面補強
【用途】
道路

機能別一覧

ロケーションマップ

特長

  • (1) 配置ピッチを広く取れるため使用本数が削減できる。
  • (2) 補強材の長さを短くできる。
  • (3) 施工影響範囲が狭く隣地境界への侵入が問題となる場合などに有用
  • (4) 中空ロッド状の補強材先端からグラウトを注入するため確実なグラウト効果を発揮
  • (5) 大型重機を必要とせず狭い作業空間でも施工が可能

用途

  • (1) 切土斜面補強
  • (2) 自然斜面補強
  • (3) 既設擁壁補強
  • (4) 斜面耐震補強